脱毛エステ 行った後 気をつけること

脱毛エステに行った後に気をつけること

さて、脱毛エステを受ける前に気をつける事は何となく理解しているけれど、
脱毛エステを受けた後に気をつける事は、よくわからないという人もいらっしゃいますよね。

 

脱毛エステの前に気をつける事も、
後に気をつける事も基本は同じで、肌を荒らすような事をしないという事です。

 

脱毛後のお肌は非常に敏感になっています。

 

脱毛前は光脱毛の光が無駄毛に含まれる黒い色素に反応する事によって脱毛を行うという原理の為に、
日焼けをしている肌に対して光脱毛を行うと周りの肌が炎症を起こしてしまう可能性があるという理由から日焼けは厳禁とされています。

 

同じように、脱毛後の肌も、なるだけ日焼けをしないように気をつけなくてはなりません。

 

脱毛によって敏感になった肌がもし日焼けをしてしまうと、
場合によってはシミや色素沈着の原因になってしまう場合もあります。

 

特に顔の脱毛を受けた後に日焼けをしそうな場合は、要注意です。
しっかりとUV対策を行わないと、歳を重ねた時に後悔する可能性があります。

 

夏場等、肌を露出する時期に腕や足等の脱毛を受ける際にも、
日焼けに注意しUVカット対策用の上着を羽織る等の工夫が必要です。

 

脱毛エステ以前の問題として、肌を美しく保つには紫外線はできるだけ浴びない事が得策です。

 

できるだけ紫外線を浴びない方が美容には良いとして、
最近ではUVカットのコンタクトレンズまであるんですよ。

 

UV対策を行わずに放置していると、シミやシワの原因になりますし、老化を早めてしまいます。

 

少しでも綺麗に年をとりたいならば、日焼けは厳禁という事ですね。

 

また、脱毛後の肌は非常に乾燥しやすくなっていますので、
保湿をしっかり行わないと、肌がダメージを受けてしまいます。

 

特に脱毛直後にしっかりしたお手入れを行わないと、後々後悔する可能性が高いので、
エステサロンで脱毛を受ける場合、
施術後の保湿にどういったジェルを使うのか等の質問を行う事も大切です。

 

また、自宅で行う光脱毛の場合は、
脱毛時のジェルは不要とされるものもありますが、脱毛後には保湿をしっかり行う事をおすすめします。

 

今もしまだ年齢的に、そこまで加齢を意識する事が無くても、10年後20年後に、
あの時脱毛後にしっかりと手入れをしてさえいれば…と後悔するのは嫌ですよね。

 

プロに脱毛のお手伝いをしてもらうにしろ、自力で脱毛を行うにしろ、
ただ脱毛をしたから肌が綺麗になる、というのではなく、その後のお手入れの大切さも認識して、
脱毛の手間が減る分を他の美容に回す感覚で自分の体を作り上げていく事が大切です。